診療科目で看護師求人を探す方法

助産師について

助産師は人間の誕生に関わる素晴らしい仕事です。
産婦人科医には男性がいますが、我が国では現在、助産師の資格は女性のみ取得可能です。

 

助産師になるには、まず高校を卒業することは大前提で、その後、看護大学に4年間通うか、
看護学校や看護短期大学を3年間経て、助産師の養成学校に1年間通うといった方法などがあります。

 

看護系の大学に進むのが一番近道だとは思いますが、助産師になるのに年齢制限がないことから、
主婦の方など、社会人の方でも頑張って学校に通い、助産師の資格取得される方も沢山いらっしゃいます。

 

ただ助産師の仕事というのは、人の役に立てる、感動を与えるという前に、心も体も相当タフな方でないとやれないものです。

 

というのも、看護系の学校を出て助産師になるのですから、当然看護師の資格がないと助産師になれません。
看護師の資格を取得するにも、実習や学校での勉強の両立、年々難しくなってきている国家試験に合格しなければなりませんし、
助産師の資格を取った方の体験談によると、それはそれは大変な努力だった、学費もかかる、家族の協力なしではやれなかった、
毎日、睡眠時間は1時間ほどだった、などといった声が多く聞かれます。

 

また、実際に助産師の仕事についてからは、やはり不規則であったり、分娩も時には命の危険を伴うこともありますから、
精神面で大きなストレスを感じることもあります。

 

一般人が考えるほど、簡単な仕事ではないということを理解しなければなりません。
しかし、自分は何としてでも助産師になる夢を叶えたい、助産師として仕事をしたいという強い気持ちさえあれば、
周りからも協力してもらえるでしょうし、苦しいことでも頑張れる、誰でも誇れる助産師になれます。

 

さらに詳しく知りたいという方は以下のサイトをご参考ください。
看護師転職の求人事情